ECサイト構築・運営支援サービス情報|ECニュース
ECサイト構築ECブログ構築ECサイト運営支援EC支援プログラム開発その他EC関連
ECニュース > その他EC関連 > D2C、クロスメディア広告の有効性を検証

D2C、クロスメディア広告の有効性を検証

2007.11.29

ディーツーコミュニケーションズ(D2C)は11月29日、クロスメディア広告の広告効果検証調査を行った結果、各媒体における認知率に5つの効果を確認したと発表しました。

この調査は7月17日~7月24日の7日間東京都、千葉県、埼玉県のそれぞれ一部地域のiモードユーザーを対象に行ったもので、7月13日に実施したMF配信および折込チラシの効果について調査したものです。有効回答数はMF配信者が771、MF非配信者が464となっています。

検証項目は以下の5点。

  • 認知アップ効果
  • クロスメディア効果
  • リーチ補完効果
  • リマインド効果
  • リーセンシー効果

認知アップ効果ではモバイル広告配信者の認知率が25.8%と、
非配信者12.1%の2倍という結果になりました。

クロスメディア広告は有効か--D2Cが検証

お問い合わせ
ECサイト構築・運営支援サービスに関するお問い合わせはこちらから
サイトからお問い合わせ